PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

すちゃらか道中記~最終日 箱根から房総半島へそして蝦夷地へ

a-1DSC_4855.jpg 

もも 「 ようやく終わるのね 」


はい 大変長く引っ張ってしまいましたが
ようやく最終日を迎えましたよ!


箱根から小田原駅まで戻ってレンタカーを返却し
また新幹線に乗って東京駅まで向かいました


最終日は千葉市緑区にある「ホキ美術館」に行ってきたのですが
箱根からどういう風に行けば良いのか当然知らなかったので
携帯からルート検索をして東京駅で京葉線に乗り換えて蘇我駅まで行き
そこからまた外房線に乗り換えて土気駅まで行きました

これがなんとも大変でね~!!

なんせ荷物を全部持っているので
(三脚とか望遠レンズとか持ってるからキャリーでも重いの!)
どこかで荷物をロッカーに入れて…と思っていたのですが
帰りを考えるとどこに置いてよいものやら…

で とりあえず京葉線を探そう!と新幹線の改札を出たら
そこから遠い遠い!!
歩く歩道があったから良かったようなものの
なんだか2駅分ぐらいは歩いたような気がしましたよ!
毎度思いますが東京の人って本当によく歩かれますよね!

でも どこまで行っても切符売り場がなく
ホームへの改札も出て来ません

とりあえず矢印の通りにエスカレーターを降りて行くと
あれ?! もうホーム???
き 切符買ってないけど…???

オロオロしているうちに電車が来たので
まぁいいやと乗り込みました
当然荷物も全部持ったまんまです^^;


千葉県へは初めて行ったのですが車窓からの風景が
なんとなく見なれた感じがしましたね~
札幌とよく似た街並みのようで違和感が全然ありませんでした
千葉県に詳しくはありませんが町の歴史や規模が同じぐらいなのかな?
東京のように都会と下町が混ざっている感じとも違うしね

でも舞浜駅に止まった時はやっぱり千葉県でした!(笑)
ディズニーランドがあんなに近くに見えるんですねぇ!
駅で乗り降りする人たちもお土産を持っていたり
みんなディズニーちっくでなんだか楽しそうでした^^

見ているこっちもなんとなくウキウキしちゃいそうだったのですが
どうも東京駅で切符を買えなかったのが気になって
キセル乗車をしているようで落ち着かなくってね~^^;

ようやく乗り換えの蘇我駅に着いて改札の所に駅員さんがいたので
ドキドキしながら聞いてみたら
最終目的の駅で清算してくださいとのこと!

あっぶなーーーい!!!

東京駅で新幹線の改札を出た時に切符が確かに出てきたのですが
母はもう出ないだろうと思って切符を取っていませんでした
たまたま先に母を行かせたので後から通ったワタシが2枚持ってきていたのですが
これ… 取り損ねていたらどんだけ清算させられたんだろ…^^;
母なんてここまで切符を取り忘れていたことにすら気付いていませんでしたしね(笑)


蘇我駅にコインロッカーがあったので
ここに荷物を置いて行こうかと思ったら小さすぎて入らず…
仕方がないのでもう最後まで荷物を持っていくことにしました^^;


というワケで蘇我駅から外房線に乗り換えてからは
安心して車窓の風景を楽しむことができました^^
(荷物は重くて邪魔だったけどね^^;)
降りる駅の土気(とけ)駅は内房総と外房総のちょうど真ん中あたりで
新興住宅地が立ち並ぶ新しい感じの駅でした

美術館のホームページにはここからバスが出ていると書いてあったんだけど
時間もわからないし荷物も多いから もうタクシーに乗っちゃおう!と思ったら
乗ろうとしたタクシーの運転手さんに バスがちょうど来てますよと教えられて
結局バスで美術館まで行くことにしました

乗ったバスの運転手さんがとても良い人で
札幌から来たと言ったら色々と親切に教えてくださいました
運転手さんの後ろに座っていたおじさんも一緒に色々と教えてくださって
お話しを伺っていると土気駅から羽田空港までの高速バスも出ているとのこと!
蘇我駅に荷物を預けなくて良かった~!!!(笑)

ついでにちょうどお昼時だったので
この辺に食事ができるところはありますか?とお聞きしたら
運転手さんもおじさんも「美術館のレストランが美味しいよ!」と
教えてくださいました


そんなこんなでようやくたどり着いたホキ美術館です^^


こちらは去年の11月にオープンしたばかりの美術館なのですが
日本初の写実絵画専門美術館になります
シュールレアリズムといえばワタシが一番に思い浮かぶのは
野田弘志先生です
昔々 落ち葉についている水滴の絵を初めて見た時
写真以上の細かい描写が凄くて本当にびっくりしたのを今も覚えています


開館当初から一度は行ってみたいよね~と母と話していたので
今回 むりくり足を運んで本当に良かったです^^
最近の美術館は建物もすごく素敵なので
それを見るのも楽しかったですよ!


美術館に入るとすぐにオススメされたイタリアンレストラがあるので
まずは先に食事をしてしまおうと思ったら
なんと大人気のため一時間待ちと言われました
まぁ作品を見てきたらちょうど良いぐらいじゃない?と予約を入れて
それじゃぁと先に美術館の方に入りました


細長く伸びている展示フロアーの両壁面にずらっと並ぶ大きな作品たち
白い壁のフロアーには自然光も柔らかく入りとても明るい印象です
一番奥まで行くと地下に降りると聞いていたので両サイドをジグザグに見ながら進みます

突当たりまで行ったら今度は地下に降り
さらに奥までずらっと並ぶ作品を一つ一つ見て
また突き当たると今度は隣のフロアーへ…
そこからまた更に奥まで進むと(折り返しています)
そのまた更に地下がありました



広い…


広すぎるよっ!!!





写実絵画専門の美術館ですからね
一部陶芸作品もありましたが
そのほとんどが精密に描かれた絵画です!
それも大作がほとんどです!!

1点1点じっくり見させていただきましたが
どれも本当に素晴らしい作品ばかりでした


なので…



全部見たら本当にぐったりでした…^^;




この美術館は一度に見るよりは
何度かに分けて見た方がいいかも~^^;



でも巨匠と言われる作家さんから若手まで
これだけの作品が集まるのは本当にすごいです!
レアリズムのすごいところは画面の隅まで1mmも手抜きがないんですよね
よく描かれているな~!と感心するばかりでしたよ

デッサンは絵画の基本ですが
それゆえ一番難しいとワタシは思っています
デッサンがくるうとその絵そのものがおかしくなってしまうので
非常に大事な部分だと思うのですよね

そして絵というのは画面構成も大切で
これは写真も同じなのですが引き算の要素がすごく大きいです
必要なものを残して不要なものを省く
これが簡単そうで難しいんですよね~!
写実をこれだけ緻密に描くと どうしても余計なものを描いてしまいがちですが
そこをぐっとこらえて主題を引き立てる

色々なイミで本当に勉強になる美術館でした^^

遠くて重くて大変だったけど行って良かった~!(笑)



ぐったりしながらようやく見終わるとちょうど1時間でした
レストランに入って美味しいランチをいただきましたよ♪
こちらは東京の西麻布で人気のイタリアンレストランだそうで
見た目も美味しそうだったし
味もすっごく美味しかったです!
割としっかり味付けされているんだけど
最後まで飽きないお味でした^^



お腹も満腹になったところで丁度帰りのバスの時間が近づいたので
急いで売店を見てから帰りました
ここのショップは可愛いグッズがたくさんあったので
もうちょっとじっくりゆっくり見たかったな~!

また機会があったら今度は売店から見てみましょう^^



そんなこんなでバスに乗って土気駅に着くと
なかなか良い時間になっていました
空港までのバスがちょうどあればいいね~と思ったら
これまたグッドタイミング!
20分ほど待てばバスが来るようです^^


当初の予定では
ルート検索をしたら土気駅からまた蘇我駅まで行って
そこからまた乗り換えて海浜幕張駅から空港行きのバスに乗ると出ていたので
土気からバス1本で行けるのは本当に助かりました!
運転手さん、おじさん、ありがとうございました~!^^


千葉から空港までどうやって行こうかと札幌で話していたら
母が海の上から行くバスに乗りたい!と言っていたので
これまた丁度良かったです(笑)


ご希望だったアクアマリンを通って
(結局トンネルの中ってだけなんですけどね^^;)
スムーズに羽田空港に着くことができました



a-2DSC_4696.jpg 

イイ感じに焼けた空と空港の灯りで不思議な色になっていました


出発まで少し時間があったので最後の撮影です^^
(千葉ではカメラを出すヒマもありませんでした(汗))

三脚は荷物に預けたので窓枠にカメラを固定して
スローシャッターを切りました
ガラスに反射するのでPLフィルターを付けていますが
外灯で明るかったので丁度良かったです



a-3DSC_4741.jpg 

左側の点線は離陸する飛行機のライトです
夜ならではの写真が撮れて良かった~^^



なんだかんだでやっぱりドタバタしていた今回の旅行ですが
無事に札幌に帰り着くことができました
やっぱりすごく疲れたけど母もワタシも元気です^^



長い長い道中記に
最後までお付き合いいただき
本当にありがとうございました~^^






☆ おまけの戦利品 ☆



a-4DSC_4892.jpg 

弥生美術館で買った「夢二の大判風呂敷」

色が可愛くて気に入りました^^



a-5DSC_4850.jpg 

箱根寄木細工のからくり箱

一度からくってみたかったのよね~!
お~!!なるほど!という感じでした^^



a-6DSC_4894.jpg 

左から 成川美術館でゲットした「齋正機-運ブ」
ホキ美術館でゲットした「藤原秀一-萩と猫」
ついでに母の作品「春を惜しむ」でした~^^






ようやく自分達の出番が来るとお散歩のスタンバイをしている もも&はっち に もふもふっとよろしくね!
(毎日…ってかさっきも行ったぞ~!^^;)
もふ♪っとしないと食べちゃうぞぉ~★ 
いつも応援ありがとうございます^^

momo*photo も地味に更新中~♪
web拍手 by FC2

| すちゃらか道中記~お江戸・箱根・房総道中記 | 13:47 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おかえりなさい!!!

素敵な旅でしたね。
両親は温泉好きなんですが
大の飛行機嫌い。
ここ数年、一緒に旅行なんてないなぁ・・・
そんなことをふと思いながら
拝見させていただきました。
親孝行ができたのではないでしょうか?

「夢二の大判風呂敷」
色合いが素敵ですね☆
「宮内庁三の丸尚蔵館」
私も知りませんでした(大汗)
今度行ってみよう!!

ところで、長らくお世話になったアセラさんから
引越しをすることになりまして
この度無事!!!無事に引っ越しました。
お手数ですが、リンクの変更をお願いします。
今後ともよろしくお願いします☆

| 梅の花 | 2011/09/15 16:17 | URL | ≫ EDIT

すちゃらか道中記、とても楽しかったですよ♪
素敵な旅行をされましたね。。
まるで一緒に旅しているきぶんでした^-^

| のん福レオのお母さん | 2011/09/15 16:42 | URL | ≫ EDIT

美術館めぐり、いいですね~
私も洋画が好きで、遠くの街で「日本初公開!!」って聞くと
とても行きたくなるんですが、旦那は全く興味ないので
一人で行くにはちょっとね^^;
けど、rinkoさんは親孝行兼ねて?の美術館めぐり、素敵ですね^^
きっとお母様も「娘がね~連れってってくれたのよ^^」って
ご近所で自慢されてるんじゃないですかね^^

あっ、私もお正月は駅伝三昧ですよ~
何か大波乱が起きるんじゃないかと思うと
見出したら途中でやめられないんですよね^^;

| ふくまま | 2011/09/15 23:35 | URL |

すちゃらか道中記、とっても面白くて続きが楽しみでしたe-420
私も、読んでいるうちに一緒に旅行している気分になりましたよ(*^ ^*)
充実した素敵な旅行でしたね。きっとお母様も嬉しく、楽しい3日間だったと思います。

千葉のおじさん達が親切で良かったです。←同じ千葉県民として安心しました( ´∀`)

| じゅむ | 2011/09/17 12:27 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます♪

◆梅の花さん
ただいま~^^(ってちょっと遅くなりましたが…(笑))
ご両親は飛行機がお嫌いですか~!
でも東京にお住まいであれば陸路でどこにでも行けるからいいですね~♪
こちらは道外に行くとなるとどうしても飛行機になってしまうので大変です
(一度フェリーに乗りましたが大揺れしたのでもうコリゴリ!^^;)
大正ロマン時代のものってデザインも色もカワイイですよね♪
この風呂敷は気に入りました~^^
三の丸尚蔵館は宮内庁管轄なのできっと宣伝とかあまりしないのでしょうねぇ(笑)
でも収蔵品は国宝ばかりですので良い展示があった時には是非ご覧になってみてください!
ブログのお引っ越し後もこちらこそどうぞよろしくお願いしま~す^^



◆のん福レオのお母さんさん
北海道に住んでいるとなかなか東京まで足を運ぶことができないので
毎度のことなのですがとんでもなくハードスケジュールになってしまいます^^;
見て少しでも楽しんでいただけたのなら良かったです~^^



◆ふくままさん
そうそう!うちもオットが興味を持ってくれないのでもっぱら母とです^^
でも一人で行けそうであれば一人でじっくり好きな作品と向き合うのもいいものですよね♪
まぁワタシの場合は「母を連れて行ってあげる」と偉そうなことを言って
実際には「連れて行ってもらって」います(笑)
大事なスポンサーですのでね~^^
駅伝やっぱり見てしまいますよね~!(笑)
転んだらどうしよう…とハラハラしながらワタシも見ています~^^



◆じゅむさん
母との旅行は毎度大忙しな上に突拍子もないことをしでかしてくれるので
笑ってばかりなのですが、エピソードが多すぎで覚えていられません(笑)
次はちゃんとノートを持って行ってメモっておかなくっちゃね~^^
じゅむさんは千葉にお住まいでしたか!
本当に良いところですね~^^
電車の中でも隣に座ったおばさんに美術館情報を教えていただきました!
千葉の方は親切な方が本当に多いですね~!
お世話になりました~^^

| rinko | 2011/09/18 07:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://momorinko0407.blog46.fc2.com/tb.php/785-ac17895e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT