PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ありがとう

気がつけば 2週間が経っていました

この2週間は現実と非現実の間を行ったりきたりしているような
とても不思議な時間でした

でも 私にとっては一生忘れられない2週間になりました…

 

 

1月12日 兄が急逝しました

 

 

私のたったひとりの兄がこの世からいなくなってしまいました

 

 

私が中学生の時に父が亡くなり
それから母と私を守り支えてくれたおにいちゃん
私のことをとても大事に可愛がってくれたおにいちゃん
なんでも知っていて なんでも教えてくれたおにいちゃん
決してベタベタと仲良しだった兄妹ではなかったけれど
大好きだったおにいちゃん

 

兄が東京へ転勤になって2年が経っていました

 

s-DSC_3542.jpg

この部屋で 何を思っていたのか…

 

 

s-DSC_3565.jpg

初めて訪れた兄の部屋は
札幌の兄の部屋となんら変わる事がなく
相変わらず タバコとかりんとうとバターピーナッツがそこかしこにありました

せっかく東京で一人暮らしをしていたんだから
もう少しおしゃれな生活をしているかと思ったのにねぇ

おにいちゃんはやっぱりおにいちゃんだったね(笑)

 

 

s-DSC_3550.jpg

高層ビルが立ち並ぶ雪のない風景を見ながら
何を思っていたんだろう…

 

たった2年間の東京での生活だったけど
楽しかったのかな?

帰省するたびに
「札幌が一番いい!」
と 口癖のように言っていたけど
お兄ちゃんにしかできない楽しみ方で東京を満喫していたみたいで
少し安心したよ

人と同じことをするのが嫌いだったおにいちゃんらしいね(笑)

スポーツをするのも観るのも大好きだった兄の部屋からは
メジャーではないスポーツ大会の観戦チケットがたくさんでてきました

野球 サッカー ラグビー アメフト 体操 バスケ 空手…

そういえば オリンピック前のオグシオも フェンシングも見てたって言ってたっけ
お正月に帰省したときは 水泳の北島選手の実家のメンチカツも食べたって言ってたっけ

 

短い人生だったけど
おにいちゃんらしく楽しんだ人生だったかな?
そうだといいな…
そう思いたいな…

 

 

お正月に帰省したときに
東京へ帰る兄を千歳空港まで送ったのが最後になりました

「次は空港まで迎えにくるから連絡してね」
「わかった」

これが兄との最後の会話になりました

 

おにいちゃん…
私は空港まで迎えに行くっていっただけで
東京まで迎えに行くなんて言ってないよ…

 

兄を札幌へ連れて帰る日は
千歳空港が大荒れで飛行機が飛ばない便もあったりで
どうなることかと心配したけど
意地でも帰りたいという兄の思いがあったのか
どうにか札幌に帰ってくる事ができました

札幌での兄の葬儀には
たくさんの兄の友人知人がつめかけてくれました

涙あり 笑いありの とてもにぎやかなお葬式だったよ

おにいちゃんがこの場にいないのがとても不思議な感じだったよ…

 

 

おにいちゃん…

おにいちゃんが残してくれたものを
私は大事に大事に引き継いでいくよ

みんなで大事に引き継いでいくよ

お母さんのことも心配しないでね
オットもおにいちゃんの代わりはできないけどと言いながら
精一杯頑張ってくれているよ

私もおにいちゃんに心配かけないように頑張るからね

 

 

おにいちゃん

本当に本当にありがとう!!

 

 

おにいちゃんからもらった最後のおみやげが
秋葉原で買ったメイドさんのイラストのレトルトおでんカレーだったことは内緒にしておくよ

 

 

あ…

 

言っちゃった…(笑)

 

 

 

 

*********************

 

たくさんの方にご心配をおかけしてしまい
申し訳ありませんでした

もも&はっち はお留守番が続いていますが元気です♪

私は今東京で兄の部屋の整理をしています
今日 荷物を運び出して夕方札幌へ帰ります

もう少ししたら また通常のもふパラへ戻りたいと思うので
そのときはまたよろしくお願いいたします♪

私は元気です^^

 

 

 

web拍手 by FC2

| 雑記 | 09:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT