FC2ブログ

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

≫ EDIT

根くらべ

a-1DSC_3841.jpg 

久し振りに珍しいところに もも がいました

いつもは右側の キャット本タナー の上に置いてあるベッドにいるんですけどね




a-2DSC_3834.jpg 

食器棚の上を通って こっちにいる理由は
その左側にある吊戸棚の中に カリカリ が入っているからなんですね~



a-4DSC_3832.jpg 

欲しい欲しいと鳴き叫ぶわけではなく
ここでじーーーっと戸棚を見つめる作戦です ^^;

こちらも「欲しい」と言われて「はいどうぞ」とあげるワケにはいかないので
逆になるべく見ない作戦をとろうと思います



a-3DSC_3838.jpg 

どちらが勝つか 根競べです






結局…




もも が諦めて下に降りて来ました



やったね♪ ^^v






まぁ ももちゃんもよく頑張ったよね
イイ勝負だったよ!うん




なので





ちょっとだけ カリカリをあげました~^^







あれ…?





これってワタシの負けってこと?!









今日もうっしっし♪とほくそえんでいる もも に もふもふっとよろしくね!
もふ♪っとしないと食べちゃうぞぉ~★
いつも応援ありがとうございます^^

momo*photo も地味に更新中~♪


☆ 余談ですが… ☆

大雪による車のスリップ事故が多発しているようですが
映像を見て思うことは

みんなアクセル踏み過ぎです~!!

ずるっと滑って あ!っと思っても
アクセルをガンガン踏んではいけません
タイヤが空回りすればするほど
路面はきれいに磨きあげられてますます滑りますからね ^^;

これはふかふかに積もった雪の上でも同じことです
轍にはまってタイヤが空回りしても
絶対にアクセルをふかしてはいけません!
どんどん穴が深く掘られて
どんどん抜けられなくなりますからね~

タイヤが滑った時は慎重にアクセルを踏んで
ゆっくり発進させることを心がけましょう
タイヤを路面にかませることが一番の近道です ^^
轍や溝にはまってしまった時はバックをしたり前進後進を繰り返して
車の反動を使うと案外抜けやすいですよ


日中でも日陰のところはなかなか融けなくて滑りやすいのはもちろんのこと
橋の上も要注意ですよ!
橋の手前は地熱で融けていても
橋の上はアイスバーンになっている可能性が高いので
より慎重に運転されることをおすすめします


北海道のドライバーは運転が荒いとはよく言われますが
意外と慎重に運転しているんですよ~(笑)

皆さんもどうぞお気を付けて
楽しいドライブをしてくださいね ^^

web拍手 by FC2

| もも | 09:18 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月