FC2ブログ

≫ EDIT

2019年のカレンダー

a-1DSC_4993.jpg 

あら?あらあら??そのカレンダーはもしかして?!





a-2DSC_5046.jpg

なんと来年の「 ねこのきもち 」の市販カレンダーに
もも&はっち が採用されました!
(表紙のカワイコちゃんはどことなく もも に似ているようなきがしますが違いますよ^^)

2018年12月に使っていただいたのと




a-3DSC_5050.jpg

4月に もも がちょこっとと




a-4DSC_5051.jpg

おまけ?のポストカードに はっち を使っていただきました


今回は市販のカレンダーなので
なんと本屋さんで販売されているのです!
お近くの本屋さんでお見かけの際は是非裏表紙で
もも&はっち を見ていただけると嬉しいです♪

もしもご購入いただける方がいらっしゃいましたら
お早目の購入をおススメします!


なぜなら




a-5DSC_5027.jpg

重ねて言いますが もも&はっち は
2018年の12月に採用されました!

そう 今年の12月なので一番最初に載っています!

年明けに購入されちゃいますと
もも&はっち のページは見ないで終わってしまいますからね~^^;

どうぞお気を付け下さいませ~!







来年の我が家は一年中2018年12月なんだろうな~と思ったら もふもふっとよろしくね!
もふ♪っとしないと食べちゃうぞぉ~★
いつも応援ありがとうございます^^

momo*photo も地味に更新中~♪
















web拍手 by FC2

| もも&はっち | 14:21 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地震の後

a-1DSC_4326.jpg 

陽がかげるのが早くなった秋のお庭です





a-2DSC_4308.jpg 

名前をすっかり忘れてしまいましたが
このジャンボ猫じゃらしみたいなのが今年は豊作になりました
とは言ってもふたりが興味があるのは穂先よりも葉っぱですけどね




a-3DSC_4272_20180917210252c87.jpg

ついでに悪天候続きでしばらく庭の手入れをサボっていたら
雑草ものびのびと伸びていました(涙)
あ~あ…




さて 地震の時には皆様に本当にご心配をおかけいたしました

前回の記事にも書きましたが
お陰さまで我が家は被害らしい被害はほとんどなく
大停電の時も普段とあまり変わらずに過ごしていました

そして停電もほぼ復旧をして日常が戻り
友人知人と会って地震の時のことを話したりしたので
テレビや新聞で見たり聞いたりした情報も交えて
お話ししたいと思います

今後もどこで何が起こるかわかりませんので
何かの時にお役に立てるかもしれません


地震が起きた時 我が家もかなり揺れたと思っていたのですが
色々な人の話を聞くと どうやらうちはそんなに揺れていなかったようです
札幌市内でも震度が大きかった地区に住んでいた友人は
ベッドから投げ出されたと言っていました
怪我がなくて本当に何よりでした!
震度が大きかった地区では猫ちゃんの脱走も何件かあったと聞きました
みんな早く帰ってくると良いのですが…

これは本当に地盤の違いなのではないかと思うのですが
うちの地域は山の方でして
しかも近くに「石山」という地名があるのでもわかるように
ここいら一帯が元々が石の山なんですよね
札幌には「札幌軟石(さっぽろなんせき)」という石がありまして
この石でできた建物やオブジェなどもあったりします
つまり地盤が固いということなのだと思います

私が今通っている陶芸の先生のお宅が
うちから割と近いところなのですが
一軒家で一階を作業場兼教室として使っていまして
壁2面に大きな棚を設置してあり
そこに生徒さんのものも含めて焼成前から後の作品まで
ずらずらすら~~~っと隙間なく置かれています
結構際どい置き方になっているように見えるものもあるのですが
なんとこれが一つも割れなかったのです!
すごいですよね!
2階の自宅スペースで飾っていたお気に入りのガラスの置物だけが
下に落ちてしまって割れたそうです
無造作(に見えるよう)に置いてあった作品は割れなかったのにねぇ…

揺れが少なかったと言っても後からの話では
それでも震度4はあったらしいのですが
本当に不幸中の幸いだったのだと思います
縦揺れではなく横揺れだったとか
棚の設置方法だとか色々な要因が重なっての事だと思います

そして我が家も棚に置いてあった小さな額が倒れたりはありましたが
食器などが割れたりする被害は全くありませんでした
これは後から考えると食器棚のお陰もあったのではないかと思います
我が家の食器棚はたしか東北の震災後に購入したものだったと思うのですが
耐震仕様になっていまして扉が簡単に開かない仕組みになっています
大きな震災の後には色々なものが改善されているようですよね
阪神大震災の後には水道の蛇口レバーの開閉が
上下逆になったと聞きました
ちなみに我が家は震災前に建てた家なので
下に押すと水が出るタイプです…^^;

古い食器棚をお使いのお宅では観音開きの扉が簡単に開いてしまって
食器が落ちて割れてしまったという話も聞きました
うちもじぃじが使っていた古い食器棚を今も置いていたら
もしかしたら割れもの被害が出て
もも や はっち がケガをしていたかもしれません(汗)
それから意外と多かった話が食器棚の中で割れていたのもありましたが
揺れによって食器が前にずれてきているのに気付かずに
扉を開けてしまって落ちて割れてしまった方が何人かいらっしゃいました
地震の後に食器棚を開ける時は注意をした方がよさそうですよ!
中には危ないのがわかっていたから同居のおばあちゃんに
自分が開けるから触らなくていいよってわざわざ言ってあったのに
ご主人が何も考えずに開けてしまって割れてしまったとか…
しかもお気に入りのグラスコレクションの棚だったとか
泣くに泣けませんよね~!
そんな中ほんのちょっとしたことで被害を免れたという話も聞きました
ベッドから投げ出された友人の家では
熱帯魚の水槽の取替えようの水を2ℓのペットボトルに入れて
ふたを開けた状態で数本置いているのに
水が一滴もこぼれなかったそうです!
ペットボトルの上に突っ張り棒でカーテンをかけていたら
その突っ張り棒に少し引っかかって倒れずにすんだんですって!
なるほどですね~

そして割れた食器などのお掃除に役だったのが
コードレスクリーナーだったそうです
地震の後にすぐに停電になってしまったので
コード式の掃除機は使えませんでしたからね
ハンディタイプのものでも良いので1台はあると安心かもしれませんね

この北海道全域に及んだ大停電ですが
震源地から遠い地方のお年寄りなどは
一体全体何が起こったのか全くわからなかったそうですね
こちらは地震があったから停電したという関連性を理解できていたけど
揺れなかったら何で停電になったのかすらわからないですもんねぇ!

停電では電気が使えないというのはまぁ当たり前の事ですが
色々なものが使えなくなって困ったという話を聞きました
我が家は築年数も古いのでそんなに大きな弊害は無かったのですが
新しいお宅ほど色々と大変なことが起きたそうです

まずはおトイレです
断水したところはもちろん大変だったと思うのですが
最新式のトイレはボタンなどの電動で水を流しますよね
うちの実家も自動流水なのですが
若干古いタイプなので手動レバーも付いているので
かろうじてトイレの水を流す事ができたようですが
この手動レバーが付いていないタイプになると
水は出るけどトイレは使えないということになるそうです
新しいお宅ではトイレだけでなくお風呂もボタンタイプで
手動では水を張る事ができなかったりするそうですね

そして別の方は車庫の電動シャッターが開かなくなり
車を使えなくてとても困ったとおっしゃっていました
今回我が家では車があったお陰でテレビやラジオで情報も得られたし
携帯の充電もできたので本当に助かりました
買い出しに行きたい人も車があって良かった人はたくさんいたと思います
車庫が開かなくなった知人は家を建てた時に
シャッター以外の入口は不要だと思って作らなかったそうです
中からであれば手動でシャッターも開けられたそうで
とても悔しがっておられました^^;
早速入口を付けるリフォームをされるそうですよ

便利な世の中になっていますが
非常時に弱い部分もあるようですので
家の中の何が使えて何が使えなくなるのかを
ご家族で確認しておくのも大事かもしれませんね

停電になると困るのがやはりバッテリー関係だと思います
直後から乾電池やモバイルバッテリーを購入するために
お店には長蛇の列が出来たと聞きました

私は趣味で写真を撮っていましてカメラ教室に通っています
教室の生徒さんの年齢層は結構高めなので
皆さんご無事だったか心配していましたが
最初の教室の時に元気なお顔を見れた時はとても安心しました
が 多分皆さん私よりもよっぽど足腰しっかりしているので
余計な心配だったと思われます
無事を喜び合った後はもっぱら皆さんバッテリー自慢大会です

うちの教室はネイチャー写真を撮る人が多いので
電源のない所で長時間写真を撮るために
色々な装備を揃えていらっしゃいます
バッテリーに困る人なんてほとんどいなかったようですよ^^;
多分 真冬の停電でもみんなしっかり暖をとって生き延びれると思います!
そんな中で一番自慢をしていたのはやっぱり先生でした
プロの装備は1ヵ月は余裕で使える自家発電機だそうですよ
ご近所の困っている方達の充電もしてあげたそうです

今はアウトドアをされる方も多いので
発電機をお持ちの方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?
ただこの発電機の事故もあったようで
室内で使えないのに使ってしまって中毒で亡くなったとか…
どうぞ使用方法をお間違えなく安全にお使いください!

地震の後 どこのお店でも品薄状態が続いていました
停電が復旧してもなかなか揃わないものも多々ありました
中でもコンビニのお弁当がなかなか並びませんでしたね
そんな時に新聞の記事に書いてあったのですが
このコンビニのお弁当
意外なところで大きな壁ができていたようです

全国チェーンのコンビニは
商品規格がきっちり決まっているそうです
お弁当には必ず原材料が全て明記されている
ラベルが貼ってありますよね
このラベルがネックになって
いつまでたってもお弁当が作れないのだそうです
例えば
お蕎麦はあるのにネギがないから「ざるそば弁当」を作れない
こういう現象が起きていたのだそうですよ
どうりでおにぎりは早くに並んだんですね~!
でもこの時代 電気さえ復旧すれば
各工場でラベルの内容変更ぐらいできそうなものでしょうにねぇ!
やっぱりそういう融通がすんなりきかせられないのも
日本人的な部分なのでしょうかねぇ…

停電の後 一番流通が遅れていたのが乳製品だったそうです
前回の記事にパンが無いと書きましたが
町のパン屋さんでも営業はしているけど
種類が少ないというところがほとんどでした
材料が揃っている商品しか作れなかったのでしょうね

電気復旧後に町に出る用事があったので
札幌駅前の大丸デパートに行ってきました
節電ということもあり若干照明は落としていましたが
地震停電の前とそんなに変わらない華やかさでした
デパ地下に寄ってみると
お惣菜屋さんは普段と変わりない感じで安心しました
それでもよく見ると洋菓子店のショーケースは
ほとんど電気が消えていました
和菓子店は通常通りの品揃えなのに
ケーキはほとんどありません
焼き菓子でなんとか営業をしている感じでした
そんな中で感心したのが
パン屋さんの「ドンク」と
洋菓子店の「きのとや」です
「ドンク」さんもやはり作れる商品が限られていたようなのですが
急きょお店のディスプレイを変更したようで
品数が少なくてもそうとは感じさせませんでした
そして「きのとや」さんはロールケーキとオムレットと
あとほんの数点しかないのですが
このロールケーキとオムレットがフルーツをふんだんに入れて
とってもカラフルで美味しそうに仕上げているのです!
これをショーケースのど真ん中に並べているので
なんだか見ているだけで元気がでるようでした
もちろん他のお店もそれぞれが出来る事を
出来る限り一生懸命やられていたと思います

大きな災害の後なので当然節電を全員でしなければいけないし
色々と自粛ムードになるのは避けられないことだと思います
私は本当に今回特に大変な思いもせずに済んだので
すぐに日常に戻る事ができましたが
今もまだ避難所生活を強いられている方や
断水が続いている地域もあります

それでも日常の風景を感じられるというのは
とても安心できることでした
きっと何気ない明るい雰囲気に救われた人もたくさんいると思います

地震直後から不眠不休で救助復興にあたられた方々
物は無くとも店舗を開けて困っている人達を助けてくれた方々
物資確保に奔走してくださった方々もいらっしゃったことでしょう
ご近所 ご家族でもお互い助け合って心寄り添って
みんな誰かの為に頑張ったのではないかと思います



a-4DSC_4358.jpg

大きな災害時には必ず人間だけでなく
ペットも被災してしまいます
今回も例外ではなく震源地に取り残されたペットを救出するために
いちはやく現地に入ったボランティア団体さんもいました
本当にありがたいことです


まだまだ大変なところも
本当に一日も早く日常生活に戻れますように!











web拍手 by FC2

| もも&はっち | 23:39 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大停電の夜

a-停電の星42分2 

9月6日(木)午前3時8分に起きた北海道胆振東部地震
その直後に全道全戸停電という前代未聞の大停電にみまわれました

関係各所が復旧に向けて全力で対応してくださったおかげで
6日の夜には少しずつ電気も復旧していきました
ですが我が家はなかなか通電せず
これはもう寝るしかないなと横になって窓から空を見上げたら
そこには満天の星空が広がっていました

札幌市内でこんなに星が見えることは今後二度とないでしょう
(あっては困りますしね!)
そんな若干不謹慎な気持ちを抑えきれず屋根に上って撮影を始めました
翌日の夜 電気が復旧してからパソコンに取り込んだ写真が上の写真です
正直あれこれ反省点がたくさんあって
これはいわゆる失敗作なのですが
二度と見る事のできない二度と撮り直しのできない
北海道大停電の記録の一環として残しておこうと思います
私にとっての今回一番の不幸中の幸いはこの写真を撮れた事ですね
(同じことを考えていたカメラマンさんはたくさんいたようです^^)



さてさて このブログをご覧いただいている皆さまには
本当にご心配をおかけしたようで
たくさんの励ましのお言葉をいただきました
もしかしたら陰ながら見守ってくださっていた方もいらっしゃるかもしれません
皆さま本当にありがとうございました!


地震発生時 いつもはぐっすり眠っている時間なのですが
たまたま早い時間にうたた寝をしてしまったせいなのか
なかなか寝付けず布団の中でスマホをいじったりしていました

あれ?なんか揺れてる?

と思ったらガタガタと音がしだして大きく横に揺れました
揺れ始めて数秒後にスマホの地震警報が鳴りました(遅くね?)
枕元に寝ていた もも が部屋から飛び出し
いつもは足元に寝ている はっち がその日に限っていなかったので
心配になりながらもすぐに動ける状態ではなく
随分長く感じた揺れが収まってからようやくベッドから出て
もも と はっち の無事を確認出来ました

すぐにテレビを付けると
最初の地震速報では 安平町(あびらちょう)が震度6強
札幌市内でも北の方では震度5強
そして我が家は震度3と出ていました
体感的には3以上あったような気がしましたけどね

テレビには千歳空港のライブカメラの映像が映し出されて
飛行機の羽が大きく揺れている様子が映っていました

学生時代の友人十数人と繋がっているLINEのグループトークに
東京の友人からいち早く安否確認の連絡が入り
そこからみんなの無事が確認できました
そうこうしているうちに停電になってしまいました

水はとりあえず出るようだし
前日の夜にお風呂に入ったから浴槽に水は張ったままだし
備蓄用のミネラルウォーターもあるから
万が一水道が止まってもとりあえず大丈夫
とか色々と考えていたらオットが鍋に水を汲み始めていました
備えあれば憂いなしですからね

停電になると一気に状況がわからなくなり
東京の友人がテレビの情報を実況してくれるのに頼っていましたが
まぁ夜だし 起きていてもどうしようもないし
ベッドが一番安全じゃないかと思い寝ようとするのですが
余震で揺れるからなかなか寝付けないでいると新聞が来ました
こんな日でもちゃんと届けてくれる配達のお兄ちゃんエライ!

市内でも状況は様々だったようで
我が家は最初の地震から約15分後に停電しましたが
地震直後から既に停電している地区もあったようです

我が家はラッキーなことに水もガスも使えましたが
マンションに住んでいる友人宅は給水が電気ポンプなのか
すぐに断水してしまったようですね
9階に住んでいる友人はかなり揺れたらしく
お隣さんは食器棚が倒れてしまったそうです
そしてエレベーターが使えないので
水が出ている1階まで階段で昇り降りしたようです
筋トレになった~♪なんて言っていましたけどね
大変だったと思いますよ!

初めての給水場に並んだ友人は
マッドマックスかカサンドラクロスの気分だったとか
(年がバレますかね?^^;)
震源地に割と近いところに住んでいる友人宅は
オーブンレンジが落下したそうです
札幌市内でも震度が大きかった地区の友人は
立ち上がることもできず パソコンのモニターが落下したそうです
みんな怪我がなくて本当に良かった!

実は停電と言ってもそんなに長いものではなく
電気もすぐ点くんじゃないかなぁと楽観視していました
その日はゴミの日だったのでゴミステーション(集積所)に行った時も
近所の人と「大きい地震でびっくりでしたね~!」なんて
呑気に話していたぐらいでした
なのに3時間経っても一向に点きません…
そんな中 オットがとりあえず仕事に行くといって出勤してしまい
音のない家の中で2匹と1人
掃除機も洗濯機も動かせないし…
とりあえず寝るか!

もも&はっち をなでながら余震に揺られながら
2階のベッドで寝ていたら暑くて目が覚めました
もうすぐお昼になろうかという頃にオットが会社から帰ってきたので
冷凍庫の食材整理をかねつつ
冷凍のピラフを食べました
ガスが使えるって本当に助かりますね!
ちなみに我が家はプロパンガスで
ガスレンジの電源は乾電池なのです
友人宅ではオール電化ではないと思うのですが
ガスが使えないと言っていたので都市ガスだったのか電気式だったのか?

お昼を食べてからスマホの充電がてら車のテレビを見て
初めて事の大きさを実感したのです!
最初に目に飛び込んできた厚真の山々の土砂崩れの映像は衝撃でした
そしてそこで初めて震源地が厚真町であること
最大震度が7であったことを知りました

本州の友人から安否確認のメールが入り
親戚からのメールも入り
あんまり被災者っぽくない状況で
(なんせぐーすか昼寝していましたから^^;)
心配していただくのがかえって申し訳ない気持ちになっていたりもしましたが
っていうかきっと前日の台風被害の方が大きいんじゃない?
と思ったりもしていましたが
この状況をテレビで見ていたらそりゃ心配するわ!!!

我が家の周りは本当に被害らしい被害は何もなかったのですが
同じ札幌市内でも地面の隆起が激しく家がつぶれたり
液状化して大変なことになっている地区もありましたね

とりあえず電話では無事を確認できていた実家の母ですが
きっと心細い思いをしているだろうから様子を見に行こうと
オットとふたりで出かける事にしました
実家はオール電化なのでガスが使えません
カセットコンロはあるけど一応年の為に
家でご飯を鍋で焚いておにぎりにして持って行きました

外に出ると信号が点いていません
停電しているから当たり前っちゃぁ当たり前なのかもですが
やっぱり実際にその状況を見ると緊張しますね
幹線道路の大きな交差点では
おまわりさんが交通整理をしてくれていました
本当にありがたいことです!
おまわりさんがいない交差点でも
ドライバー同士が譲り合いながら
スムースに進んで行きました
日本人ってエライよね~!
そして交通ルールがしっかりしているというのが
こんなにも大事なことなんだと改めて思いました
信号は点いていないけど
なんとな~く直進車の次は右折車みたいな感じになっていて
危険を感じることなく走る事ができるもんなんですね
それもこれも運転免許取得の時に
ドライバー全員がしっかり勉強をしているからですよね!
すごいよ日本の運転免許システム!

と 普段気付かないようなことに感激をしながら実家につくと
家も母も無傷で一安心
実家は札幌市内で一番被害の酷かった清田区の隣の区なのですが
近所も特に変化はありませんでした
同じ清田区でも全然なんでもないところがほとんどです
本当にあそこのピンポイントなんですよね
地質ってウソをつかないんだなぁ…

実家でも水は出るのでとりあえず不自由はなさそうでした
冷蔵庫が止まっているので食材の管理を気を付けるように促し
冷凍庫のアイスは食べちゃった方が良いかもよと言うと
早速常備しているあずきバーを食べる母

「食べやすい!」

ほんのり柔らかくなっているあずきバーにショックを受けていました(笑)

実家では朝起きてからトイレに入ったら
便器や床が真っ黒になっていて驚いたそうです
どうやら排気口にホコリが溜まっていたようで
それが全部落ちてきていたみたいですね
見ると排気口は真っ白になっていました

たまに家もゆすってみると良いのかもね~

母も大丈夫そうだったので
暗くなってしまう前に帰ろうと実家を出ました

夕方15時を過ぎた頃
東京の友人の実家(市内中心部)の電気がついたと連絡が入りました

帰りがてら例の清田区の様子を見に寄ってみました
実はオットの会社の人が被害地区に住んでおり
そちらの様子を見に行ってきました
札幌市内と千歳をつなぐ国道36号線
この大きな幹線道路が途中波打っていて驚きました
会社の人のお宅の近くには規制線が張られていて
車が入る事はできませんでしたが
遠目にも車庫がひしゃげて家が傾いているのがわかりました
ご本人ご家族は避難所に行かれているようで
とりあえず無事は確認できたようです

テレビではその地区に住んでいらっしゃる方が
ほんの数日前に数百万円かけてリフォームをして
家の受け渡しをしたばかりだと言っていました
本当にお気の毒な事です…

それからうちの近くに一人暮らしをしている友人から
スマホの電池が切れそうだとヘルプコールが来たので
救済に寄ってきました
小一時間ほど充電をしながらあれこれおしゃべりをして
地震の話をしつつもやっぱり被災者の緊張感もなく
普段とあまり変わらない調子でじゃぁね~と帰ってきました
車で充電をできるって本当に助かりますね~

家に帰ってみると夕刊が届いていました
1枚だけのものですが今回の地震の様子を細かく書いてくれています
停電の中でも新聞を作るなんて…
すごいよ北海道新聞!
(他の新聞は取っていないのでわかりません^^;)

夜20時を過ぎた辺りからちらほら電気復旧の情報が入り始めました
実家もこの頃に通電したようです
ですが我が家の地区は相変わらずの真っ暗闇
お昼ぐらいからスマホが圏外になりだして
通信状況が段々と繋がりにくくなってきていました
晩ごはんはちょうど前日に作っていたカレーの残りを食べました
うちのガスレンジには炊飯モードというのが付いているのですが
今回初めて使ってみましたよ
ご飯もおいしく炊けるとうたい文句が付いていたレミパンに
お米と水を入れてふたをしてスイッチポン
すごい!火加減が自動で変化してるっ!!
30分程で美味しいご飯が炊けました~♪
やるな炊飯モード! やるなレミパン!

ご飯を食べちゃうともう本当にやることがありません
懐中電灯の淡い光が眠気を誘います
(寝てばっかりですね^^;)

ところで懐中電灯ですが
いかに効率よく部屋を明るくするかという情報が
色々と入って来ていましたね
光源の近くに水の入ったペットボトルを置くとか
白いビニール袋で包むと良いとか
友人は更に鏡を置くと反射して明るさ倍増と言っていました
うちは傘のついた照明器具の真下に懐中電灯を置いて
傘を利用して照らしていました

まぁでも 暗くなったら寝るのが一番!

そんなこんなでベッドに横になって窓の外を見たら…
上の写真が撮れた次第です

我が家も朝には電気が点いていたらいいな~と思いながら
寝て起きたら…
翌日の9月7日(金) やっぱり点いていませんでした

朝は冷凍していた食パンにバターとはちみつを塗って
魚焼きグリルで焼いてハニートーストを作りました
冷蔵庫に入っていた豚肉がこのままだと悪くなりそうだったので
ほうれん草とソテーしてソコソコの朝食を食べる事ができました

オットはこの日も会社に行きました
スマホはもう全く繋がらなくなっていたので
なかなか読めなかった本や漫画をずーっと読んで過ごしていました
でもあんまりにもヒマなのでお散歩がてら下の国道まで行ってみる事にしました
歩いて国道沿いの生協まで行くと電波が繋がりました!
LINE未読件数70件超え…
その中でも衝撃だったのが割と近所の友人が入院したとのお知らせ!
実はこの方 地震の数日前から風邪をこじらせて
ちょっと酷い症状を発症していました
病院では入院までは必要ないので通院で治療しましょうと言われて
毎日通っていたのですが
地震が起きてしまい病院に行けなくなってしまったようです
たった一日で症状が悪化したのでしょうね
停電なので小さい病院は多分休診してしまい
大きい病院でも新患を受け入れてくれる所があまりなく
ようやく見つかった病院は家から1時間以上かかる場所だったようです
それでも入院できたから良かった!
早く回復してくれることを祈るばかりです!
こんな二次災害もあるんだな~と驚きました

生協では入場制限をかけながら暗闇の中開店していました
駐車場には車が結構停まっていて
入口には数人が並んでいました
特に緊急に必要なものもなかったので生協はスル―
その並びにある動物病院まで行ってみました

ここを見てくださっている方は御存じだと思いますが
もも は糖尿病で毎日2回インスリンを打っています
そのインスリンを今週もらいに行こうと思っていたところに
地震が起きてしまいました
全く無くなったワケではないけど
もしもこの状況が長く続いたらヤバイかな~という感じだったので
ダメ元で病院まで行ってみたら
先生達が暗闇の中にいらっしゃいました!
こんな状況でも開けていてくれるのは本当に心強いですね!
電気がないのでできない治療もあるけど
できることはやりますよ!と言ってくださいました
幸い状態は安定しているのでインスリンだけで大丈夫でしたが
いざというときに頼りになる病院だと再確認できこれまた一安心です^^

国道沿いのこの病院
ふと気がつくと道路を挟んで向かいの車屋さんは電気が明々と点いています!
あれ?あっちは電気点いたんですか?!
とスタッフさんに思わず言ったら
「そうなんですよ~!!あっちは点いたのにこっちは点かないんです~!」
そりゃ酷いよね~

道路のこっち側の生協は暗闇の中で営業していましたが
向こう側のドラッグストアもセブンイレブンも
明るい中で営業を再開しています
聞いた所によると結構細かい区分けで通電できるようですね~
友人宅は電気が点いたけど裏のお宅がまだなので
気が引ける~!なんて言っていたし
こりゃ優先順位の高そうな病院とかが近くにない我が家地区は
かなり後回しになるかも~!
なんて諦め半分
でも道路の向こうが点いたからこっちももうすぐ?!
なんて期待半分

とりあえずインスリンに付けてもらった保冷剤に小踊しながら
隣のカフェで路面販売をしていたタコライスを買っちゃって
えっちらおっちら家に帰りました

夕方 オットが帰って来て
また充電をしながらテレビを見ていたのですが
どうせだったらガソリンを今のうちに入れておこうかと出かける事にしました
下の国道はやっぱりあっちとこっちで電気が分かれています
街灯があっちは点いているのにこっちは点いていません
そんなのを見ながら走っていたら
本当に点いている所と点いていない所がバラバラです
ガソリンスタンドもまだ営業をしていないところがたくさんあります
オット情報では街中は割と営業再開していたとのことなので
中心部に向かって走らせていると
ちらほらと営業しているスタンドが出てきましたが
どこも長蛇の列です!
予想はしていたといえ目の当たりにすると
ヤル気がどんどん失せて行きますね^^;
それでも給油機の台数が比較的多いスタンドを選んで列の後ろにつきました
思ったほど時間はかからなかったし
給油制限もなかったので良かった良かった
と思っていたら19時半を過ぎたあたりから
続々と電気復旧情報が入ってきました
これはひょっとしてうちも点いたんじゃない?
淡い期待を持ちながら家に帰ると
近くの街灯はまだ点いていません
やっぱりダメかぁ…と思いながら
さらに家に向かって走らせると
もっと近くなったら街灯が点いていました!!
家の電気も点いていました~~~!!!

真っ暗な中の星空も良かったけど
明るいってやっぱりいいね~♪
約40時間に及んだ停電生活も
どうにか終わりを告げてくれました

良かった良かった!

翌日からは一気に日常に戻りました
電気のあるなしでこんなに違うのですね~

金曜日はゴミの収集日だったのですが
急きょ収集がお休みになっていたので
これはしばらくゴミも出せないのかな?と思っていたら
復活したテレビでは翌日の土曜日に金曜日の分を収集するとのこと
すごいね! 札幌市!
収集車の燃料が確保できずお休みになりましたが
燃料の確保ができたので回収しますとのことでした
収集の皆さまも本当にありがとうございました!

それにしても冬じゃなくて本当に良かったと
つくづく思いました
真冬の停電は本当に過酷ですよね
一応対策は考えていますが
やっぱりここまで普通には過ごせないと思います

ところで停電の間の冷蔵庫ですが
扉の開閉をなるべく少なくしていたところ
冷蔵庫は常温まではならなかったし
冷凍庫も一部は溶けていましたが
完全解凍にはなっていませんでした
夏でもそんなに暑くない札幌だから良かったのかもしれません
うちの冷凍庫は2段タイプで上段には氷やアイス
下段には冷凍食品を入れていました
どちらも保冷剤が結構入っていて
びっちり入っていた食品と保冷剤が良かったのか下段はあまり溶けず
空間に余裕があった上段はほぼ溶けていました

そんな中グループラインで盛り上がったのが
溶けて再び凍ったアイスの話
ガリガリ君タイプはかなり固くなり
パピコはなかなか固まらないそうです
ワタシが食べたパルムはほぼ元通りになりました
結果 あずきバー スイカバーは凶器になるという
有意義な結論が導き出されました

なんのこっちゃですね

で アイスキャンディータイプが凶器のように固くなるのと同じように
氷も溶けて固まるととんでもなく固くなるということがわかりました


a-image1_20180908194702fca.jpg

一度溶けた氷が固まったの図
(となりの猫ちゃんは保冷剤です^^)

氷が溶けるだろうというのはわかっていたのですが
冷気が逃げるのを恐れてとりあえずそのままにしておいたのですが
通電してからも片づけるのをうっかり忘れていたら
もうカッチカッチになってどうにもならなくなってしまいました…

結論

停電になったら冷凍庫の氷はとりあえずビニール袋か何かに入れておく!

そうすると保冷剤代わりにもなるし
水になって流れ出すこともないですよね^^;

次があったらそうしよう…

次はできればあって欲しくないけどね…


通電した夜の翌日9月8日(土)
札幌市内の電気がほぼ回復したようなので
お店も通常営業に近くなるかもと期待をして
オットを会社に送ってから実家に行くことにしました

まずは朝ごはん
もしものために前日にレミパンでご飯をたくさん焚いて
おにぎりをいっぱい作っていたので
冷たくなってしまったおにぎりをほおばります…

あれ? 電気が復旧したのに冷たい食事…
ま いっか ^^;

ほぼ日常に戻っているような感じでしたが
早朝にもかかわらずガソリンスタンドだけは
既にどこも長蛇の列ができていました

オットを会社に送ってから飲み物でも買おうと
ローソンに寄ってみると
見事に商品棚がガラガラです
ペットボトルの飲み物とお酒はたくさんありましたが
ストロータイプのカフェ系やお弁当などは全くなく
食事系で残っていたのは
激辛のカップラーメンと激辛のインスタントラーメンのみ
棚が赤っぽいのがシュールでしたね

とりあえず甘いカフェオレが飲みたくて買って
ひと口飲んだら無糖でびっくり☆
しゃーないのでどっかスタバで甘いフラペチーノでも飲んでやる!
と思ったらスタバはどこも営業していませんでした

母を連れてイオンに行ってみると
専門店街は全てお休みで食品売場のみ営業していました
入口も食品側の一か所のみ開いていました
店の中は節電も兼ねているのか
売場以外はほぼ電気を落としていました

品揃えは 生肉生魚やお豆腐などのデイリー食品系は
全然ありませんでしたが
お野菜とお総菜は充実していました
多分残っていたお肉やお魚でお惣菜を作ったのでしょうかね?
あと おにぎり 白ごはん が大量にありました
パンは一種類しか入っていませんでしたが
こちらも大量にありました
店舗内のパン屋さんも専門店扱いなのか?
営業をしていませんでした
カップめん インスタントラーメンはかなり在庫があり
激辛だけでなく種類も豊富にありました
全く無い商品以外は普段と変わらないぐらいの品揃えだったと思います
午前中だったから豊富だったのか?
午後にはもしかしたら生鮮食品も入っていたのかも?
レジは普通の土曜日とそんなに変わらないぐらいの混み具合でしたので
ストレスなく買い物もできました

震源地以外は大きな被害は少なかったので
物流も早目に通常通りになりそうな気がします
生鮮食品ももう揃っているスーパーもあるようです

今回の地震でほとんどの地区ではライフライン以外での不自由は
本当にそんなになかったのではないかと感じています
(もちろん中には大変だった方もいらっしゃいます)
でも住民よりもお気の毒に思ったのが観光客の皆さんです
泊るホテルの確保も難しかったようですし
食べる物もどうして良いかわからなかったでしょう
外国人の方は言葉も通じず不安も大きかったでしょう
ちょうどサッカーの代表選が札幌ドームで開催予定だったので
それを見にこられた方もいらっしゃったようですね
試合は中止になってしまうし…
何ともやるせない北海道旅行になってしまったのではないでしょうか
北海道は本当に良いところです
普段は美味しいものもたくさんあります!
今回の台風から地震への踏んだり蹴ったり状態だった方は
是非是非もう一度改めてきていただきたいな~と思います
あの時は大変だったけど
やっぱり北海道はいいね~♪と思っていただきたいです

相変わらず短くまとめる事がニガテで
備忘録となると長々と書いてしまうので
読んでいただいた方はお疲れさまでした!




今回の地震で残念なことに命を落とされてしまわれた方の
ご冥福をお祈りしつつ
怪我をされた方々の一日も早いご回復
震源地の厚真町 そして近隣の市町村
被害にあわれた各地の一日も早い復興を願っています


大した被災はしませんでしたが
日常のありがたさを噛みしめて過ごしたいと思います


ご心配や励ましを本当にありがとうございました
web拍手 by FC2

| 雑記 | 01:27 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とり急ぎ!

a-DSC_4785.jpg 

我が家は もも&はっち はもちろん
実家友人知人含め皆無事です~!



電気も昨日の夜復旧しましたので
今日から日常生活に戻れそうです

たくさんご心配をいただきありがとうございました!
とり急ぎご報告させていただきます^^










web拍手 by FC2

| もも&はっち | 07:03 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

千客万来

a-1DSC_2958.jpg 

北の職人さんがお庭にバードテーブルを設置してくれました




a-1DSC_2122_201808292259033fe.jpg

すずめだけではなくヒヨドリや




a-1DSC_2735.jpg 

ヤマバトさんも来てくれました





a-2DSC_1779_2018082922591001c.jpg

こちらは すずめの親子




a-3DSC_1785.jpg

まだお母さんに食べさせてもらっているようです






a-4DSC_1786.jpg

ちょ ちょっと!お母さんを食べちゃってない?!





a-5DSC_1787.jpg

お母さんが「いてっ☆」と言ったかどうかわかりませんが
この後 こっこを置いて飛んでいってしましました



a-6DSC_1789.jpg

しょうがないので自分で食べようとするのですが





a-7DSC_1796.jpg

なぜか不安定な端に置いて食べようとして






a-8DSC_1800.jpg

下に落とす…というのを何度も繰り返します





a-9DSC_1805_20180829225917be6.jpg

そしてなぜワタシを見る…?





a-90DSC_1997.jpg

この日はパンを置いていたのですが
しょうがないので小鳥のえさ用のくず米にしてみたら
上手に食べる事ができたようです




a-91DSC_2008.jpg

いや だからドヤ顔でこっち見なくていいから





a-92DSC_2867.jpg

最初はなかなか認知されなかったのですが
千客万来になって良かったです^^





a-93DSC_2653.jpg 

今ではギャラリーがいても平気で食べています






a-94DSC_2699.jpg 

そしてなぜか不満顔の もも





a-95DSC_1006.jpg

そうそう こんな方も庭を横切って行きました


花ばかりではなく色々な楽しみが増えたお庭です
冬には色んな野鳥も来てくれるといいな~♪




最近は割と近いところで熊の目撃情報が多発しているので
できればあの方だけは遠慮していただきたいですけどね







ピーチクパーチクにぎやかで昼寝もしていられない もも&はっち に もふもふっとよろしくね!
もふ♪っとしないと食べちゃうぞぉ~★
いつも応援ありがとうございます^^

momo*photo も地味に更新中~♪
















web拍手 by FC2

| もも&はっちのおともだち | 23:25 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT